株式会社ラウンドサイエンス

粉体用大気圧プラズマ処理装置 PLASMA DRUM

・本装置は、大気圧プラズマを用いて、粉体の表面改質を行う装置です。
・容器内の粉体にグロープラズマを当て、回転揺動による撹拌で均一な処理が可能です。
・危険な溶媒を用いない、完全なドライプロセスでの処理を可能とし、環境に優しく生産性に優れた装置です。
・冷却機構を搭載しており、低融点の粉体にも対応できます。
 

粉体用大気圧プラズマ処理装置 PLASMA DRUMの特長

①真空機構が不要、且つ完全ドライプロセスによる簡単な操作
②粉体表面の均一な処理
③ガスの選択により各種官能基の付加が可能
④試料容器の回転揺動スピードは、個別に制御可能。
⑤pp(ポリプロピレン)粉末で1度に2リットルの処理が可能。
⑥冷却機構を搭載しており、低融点の粉体にも対応。
 

粉体用大気圧プラズマ処理装置 PLASMA DRUMの用途

①ポリマー粉体表面の親水化、疎水化
②無機物、セラミックス粉体の粉体の表面改質
③プラズマガスの選択による各種官能基の付加
④各種官能基の付加による樹脂、溶媒への分散性の向上
⑤医薬品や化粧品分野への応用